オススメの格安スマホを紹介!

スマホはもっと安くなる。格安スマホを比較してオススメをご紹介します。

*

格安SIMの料金表!通話プランの最安値は?

      2016/09/06

(2016年4月7日更新)

格安スマホにはいろいろなプランが用意されていますが、各社の料金をプランごとにまとめました。商品選びの一つの要素でしかないですが、料金が重要なのも事実です。今回は料金に関わることに絞ってみました。この比較をそのまま使うもよし、プラスアルファを勘案して選ぶもよしです。

データプランを知りたい方はこちら 格安SIMの料金表!データプランの最安値は?

スポンサーリンク

格安SIMの料金表!通話プランの最安値は?

hikaku

通話プラン

1GB 3GB 5GB 8GB 10GB
BIGLOBE 1400円 1600円
DMM 1260円 1500円 1910円 2680円 2890円
FREETEL 1199円 1600円 2220円 2840円 3170円
IIJmio 1600円 2200円 3260円
mineo(aプラン) 1410円 1510円 2190円 3170円
mineo(dプラン) 1500円 1600円 2280円 3220円
NifMo 1600円 2300円 3500円
OCNモバイルONE 1800円 2150円 3000円
U-mobile 1580円 1980円
U-mobile(ダブルフィックスプラン) 1480円 1780円
UQmobile 1680円
楽天モバイル 1600円 ※1 2150円 2960円

※1  楽天モバイルは3.1GBプラン

最安値を太赤、次点をで記載しています。表記は全て月額料金、税抜で記載です。

 

1GBプランの最安値はFREETEL

1GBプランでもっとも安いのはFREETEL、次点がDMMmobileとなりました。

FREETELは一般的なSIMと違い従量課金制です。データ容量が1GBを超過した場合には速度制限がされず、3GBの料金が請求されます。1GBぎりぎりまで使うのはなかなか難しいです。

一方、DMMmobileは1GBを超過しても速度制限がかかるだけなので、使いすぎに対して安全策をとるならDMMmobileのほうが良いでしょう。このあたりは自分に合った方を選びましょう。

DMMの情報はこちらから DMM mobile 通話SIMプラン 1GB

 

3GBプランの最安値はDMMmobile

au回線の場合

3GBプランでもっとも安いのはDMMmobile、僅差で次点がmineo(aプラン)です。

絶対最安値という方はDMMmobileがよいでしょう。また、端末セットで買いたいという場合や、DMMのサービスを使っている場合は、機種がそれなりに多く、10%のポイント還元を使える場合もDMMmobileがオススメ。

 

次点のmineoは、ドコモ回線のdプランに比べてaプランが若干割安になっています。auからMNPした方で、端末をそのまま使い続ける場合はそもそもmineoかUQmobileしか選択しかないため、ほぼmineoで決まりです。

家族割や複数回線を持つ場合は、DMMmobileよりmineoのほうが安くなります。

mineoの公式ページはこちら mineo

 

ドコモ回線の場合

ドコモ系の回線を使いたい場合は、最安値がDMMmobile、次点がU-mobileになります。

最安値と、10%DMMポイント還元に魅力を感じる人ならDMMmobile選択肢に入れたいところです。

 

一方のU-mobileはオンライン動画レンタルのU-NEXTとの連携に強みがあります。

通話対応SIMを契約すると、U-NEXTの動画視聴に使うことが出来るU-NEXTポイントが毎月600ポイントが貰えます。U-NEXTの動画本数は10万本以上。現在放送中の最新作 から往年の名作まで幅広く取り揃えています。 ※LTE使い放題2プランでは毎月400ポイントです

動画サービスは長期休暇でやることがなかったときに本当に役に立ちました。もしU-NEXTが学生のときにあったら、暇なときに全く困らなかったことでしょう・・・・・・。

実際に使ってみたい場合は、31日間の無料トライアルに申し込むと良いでしょう。考えるより見るが易しです。

U-NEXTの無料トライアルはこちらから申請できます。 U-NEXT

動画コンテンツを使っている・興味のある人ならU-Mobileの契約がベストでしょう。U-NEXTの年間7200円相当のポイントは大きいです。既に使っている動画サービスをやめて、U-NEXTに一本化するのも視野に入ってくる金額だと思います。

U-mobileの公式ページはこちら U-mobile

 

5GBプランは最安値DMMmobile!U-mobileと悩む

3GBプランでもっとも安いのはDMMmobile、僅差で次点がU-mobileです。

絶対最安値という方はDMMmobileがよいでしょう。

3GBと結果は同じになりましたが、料金の差は僅か10円に縮まっています。U-NEXTの600ポイントが使えるか使えないかで、どちらを選ぶか変わりそうです。

U-mobileの公式ページはこちら U-mobile

 

DMMmobileの料金が改定され、5GBが1970円から1910円に値下げされました。U-mobileとの差が少しが広がりDMMmobile優位になりました。やはり最安値にこだわるならDMMmobileは外せません。

 

8GBプランの最安値はDMMmobileとFREETEL

8GBプランはDMMmobileFREETELが同じ料金です。

格安SIMではレアな8GBプランです。1GBのときと同様に、FREETELはデータ通信が8GBを超過しても通信が制限されません。きっかり使いきるか、うっかり使いすぎてしまうかで料金が大きく変わってきます。自分に合った方を選ぶとよいでしょう。

DMMmobileの料金が改定され、8GBが2840円から2680円に値下げされました。160円値下げはなかなか大きいです。改定によりDMMmobileが最安値となりました。

DMMモバイルの公式ページはこちら DMMmobile

 

10GBプランの最安値はDMMmobileだが、キャンペーンの分楽天モバイル優勢か?

10GBプランでもっとも安いのはDMMmobile、僅差で次点が楽天モバイルです。

楽天モバイルはキャンペーンの頻度が高いのが特徴です。SIMだけで3000ポイントぐらい付くキャンペーンが頻繁にあります。このとき端末も購入すれば更にポイントが増加して10000ポイント近くになることもあります。なので、楽天モバイルは端末も合わせて揃えたい場合が一番オススメです。

格安スマホとはいえども初期費用はそこそこしますから、その負担が軽減されるのは大きいです。差額は10円ですが、キャンペーンを考慮すると楽天モバイルのほうが優位に見えます。

DMMmobileの料金が改定され、10GBが2950円から2890円に値下げされました。差額が70円になりましたが楽天モバイルのキャンペーンの差を埋めるには至っていないと思います。

楽天モバイルの公式ページはこちら 楽天モバイル

 

おわりに

冒頭でも言いましたが、料金は商品の一つの要素でしかありません。端末の取り揃えや、サポートの良し悪し、回線品質などなど考慮すべきポイントは色々あります。

ですが、格安スマホを検討している方にとって重要なのはやはり料金だとも感じます。

今回のデータを上手く使ってスマホ選びの参考にしてください。

オススメの格安スマホを紹介! のHOMEへ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - プラン比較 , , , , , , , , , ,