オススメの格安スマホを紹介!

スマホはもっと安くなる。格安スマホを比較してオススメをご紹介します。

*

格安スマホをWi-Fiスポットで選べば外出先が快適インターネット環境に!

   

会社員やアウトドアが大好きという人は、出先での通信がどうしても多くなりデータ通信の容量が大きくなりがちです。外出する頻度が高い人ほどWi-Fiスポット(公衆無線LAN)が重要になってくるといえます。

そこでWi-Fiスポットの充実度から格安スマホを評価して見ましょう。数十円の料金の差より、Wi-Fiスポットを有効に使ってデータプランを小さくしたほうが経済的ですよ。

スポンサーリンク

格安スマホをWi-Fiスポットで選べば外出先が快適インターネット環境に!

wifi

格安スマホ会社のWi-Fiサービスをまとめたところ以下のようになりました。

会社名 サービス名 スポット数 料金 使用可能エリア
BIGLOBE BIGLOBE Wi-Fi 約86000 無料 BBモバイルポイント、
DoSPOT
SECURED Wi-Fi
DMMmobile なし
FREETEL なし
IIJmio
※BICSIMのみ
Wi2 300 約40000 無料 Wi-Fiスクエア Wi2 300、
BBモバイルポイント、
UQWi-Fi
NifMo MyNifMo 約5200 無料 BBモバイルポイント
OCNモバイルONE OCNモバイルONE Wi-Fiスポット 約82000 無料 DoSPOT
U-mobile U-NEXT Wi-Fi 約40000 無料 SECURED Wi-Fi
UQmobile Wi2 300 for UQmobile 約40000 無料 Wi-Fiスクエア Wi2 300、
UQWi-Fi
Y!mobile ソフトバンクWi-Fiスポット 約350000 無料 ソフトバンクWi-Fiスポット、
BBモバイルポイント
楽天モバイル 楽天モバイルWi-Fi by エココネクト 約63000 月額362円 Wi-Fiスクエア Wi300、
BBモバイルポイント

全体的な印象としては、やはりプロバイダや通信会社のバックボーンがある会社が強いです。

一方でDMMmobile、楽天モバイルなどの他業種からの参入では、サービスが優良だったり、そもそもサービスがないケースもありました。

 

BIGLOBE

BIGLOBEが提供するのはBIGLOBE Wi-Fiです。BBモバイルポイント、DoSPOT、SECURED Wi-Fiのエリアで使うことが出来ます。

アクセスポイント数は86000以上と格安スマホの中ではかなり多く、ドコモをはじめとしてキャリア並と言ってよいでしょう。

BIGLOBE SIM、スマホ、LTEルーターのライトSプラン、12ギガプランを利用していると、wi-fiスポットのライセンスが一つ無料で使えます。Wi-Fiを一番必要としているエントリープラン(3GB)、スタートプラン(1GB)が対象でないのは残念です。

Wi-Fiのライセンスを最大10個までもつことが可能で、1ライセンスにつき月々250円で購入することができます。

 

IIJmio

IIJmioが提供するのはWi2 300です。公衆無線LANを提供するワイヤ・アンド・ワイヤレスのサービスを使っています。その他にもBBモバイルポイント、UQWi-Fiのエリアを利用することができます。

アクセスポイントは約40000でぼちぼちと言ったところです。

料金はSIMを使っていれば無料です。

IIJmioから購入したSIMではサービスは無料になりません。ビックカメラで買ったIIJmioのSIMのみが無料の対象となるサービスです。

 

NifMo

NifMoが提供するのはMyNifMoです。Wi-Fiサービス名は特にないようでアプリ名で呼ばれています。Wi-FiスポットはBBモバイルポイントのエリアを使うことができます。

アクセスポイント数は約5200で、他社に比べると少なめです。

料金はNifMoのSIMを使っていれば無料です。

 

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEが提供するのはOCNモバイルONE Wi-Fiスポットです。DoSPOTのエリアを利用することができます。2016年7月からスタートした比較的新しいサービスです。

アクセスポイント数は約82000で格安スマホのなかではトップクラスに多いです。

料金はOCNモバイルONEのsimを利用していれば無料で使えます。それ以外の条件が特にありません。

 

U-mobile

U-mobileが提供するのはU-NEXT Wi-fiです。SECURED Wi-Fiのエリアで利用することが出来ます。2016年6月からスタートした比較的新しいサービスです。

アクセスポイント数は約40000で多くもなく少なくもなくといったところです。

U-mobileの利用者ならなら料金は無料となっています。トライアルサービスということなので、将来的には有料になる可能性のあるサービスです。

 

UQmobile

UQmobileが提供するのはWi2 300 for UQmobileです。IIJmioと同じく、ワイヤ・アンド・ワイヤレスのサービスを使っています。その他にもUQWi-Fiのエリアを利用することができます。

アクセスポイント数は約40000で及第点といったところです。

UQmobileの利用者なら料金は無料です。mineoは公衆無線LANのサービスを扱っていないため、au系の格安スマホではUQmobileだけが公衆無線LANのサービスを展開しています。

 

Y!mobile

Y!mobileが提供するのはソフトバンクWi-Fiスポットです。犬のマークでおなじみのソフトバンクWi-Fiスポットと、BBモバイルポイントのエリアで使えます。

アクセスポイントは約350000とダントツの数を誇ります。

料金はシェアプラン、ケータイプランSS以外の契約であれば無料になります。スマホプランを契約すればタダで使えます。

 

楽天モバイル

楽天モバイルが提供するのは楽天モバイルWi-Fi by エココネクトです。Wi-Fiスクエア Wi300とBBモバイルポイントのエリアで利用できます。

アクセスポイントは約63000とかなり多いです。

料金は月額362円のオプション扱いとなっています。好きなときにオプションを契約できるのがメリットでもあり、手続きに手間がかかるのがデメリットとも言えそうです。

 

まとめ

アクセスポイント数で選ぶなら断然Y!mobileです。

文字通り使える場所の数の桁が違うので、出先でWi-Fiスポットを見つけられる確率が一番高いです。キャリアのドコモやauよりも多いので、外出が多い人はY!mobileで決まりでしょう。

BIGLOBE、OCNモバイルも善戦、ただしBIGLOBEは低容量プランが無料の対象となっていない点に注意が必要です。OCN モバイル ONEは追加の条件もなく、使いやすいです。

楽天モバイルはオプション扱いなので毎月つけ外しできるのがポイントです。外出の頻度が少なければ、不要なときは外すという選択肢もありかも。柔軟に対応できますが、手間がかかるのが楽天モバイルの弱点か。公衆無線LAN以外の使い勝手はトップクラスによいので、総合的に見ると選択肢の一つになりそうです。

オススメの格安スマホを紹介! のHOMEへ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - その他 , , , , , , , , , ,