オススメの格安スマホを紹介!

スマホはもっと安くなる。格安スマホを比較してオススメをご紹介します。

*

Motorola Moto G5 Plusのスペック、規格、価格、取り扱っているMVNO

   

スポンサーリンク

Motorola Moto G5 Plus 端末情報

motog5plus

スペック サイズ 120.2×74×7.7mm(HxWxD)
画面サイズ 5.2インチ
解像度 1920×1080(フルHD)
質量 155g
OS Android7.0
CPU Snapdragon625 オクタコア 2.0GHz+650MHz
メモリ(RAM/ROM) 4GB/32GB
カメラ(メイン/サブ) 1200万画素/500万画素
バッテリー容量 3000mAh
SIMサイズ nanoSIM
外部ストレージ microSD
規格 対応周波数 4G:LTEバンド B1/3/5/7/8/19/20/28/38/40/41
3G:W-CDMAバンド B1/2/5/6/8/19
Wi-Fi規格 802.11a/b/g/n
その他 DSDS、撥水ナノコーティング

サイズ・重さ

Moto G5 Plusのサイズは縦が150.2mm、横が74mmとPlus4とあまり変化はありません。5.2型のスマホとしては並みと言える大きさです。

スマホが湾曲しているため厚さは箇所によって差があります。7.7mm~9.7mmとなっており、手に馴染みやすく落としづらいです。

カラーリングはルナグレートファインゴールドの2種類。落ち着いた配色でラグジュアリーな雰囲気を漂わせています。

 

画面

5.2インチ型の液晶を搭載しており、解像度は1920×1080のフルHDで十分な画質が確保されています。

現状フルHD以上の解像度を持つスマホは極少数なので、ほぼ最高のものが使われているといってよいでしょう。

液晶のガラスにはiPhoneなどにも使われているゴリラガラス3が使われています。

 

OS、CPU、メモリ

OSは最新のAndroid7.0が使われています。アップデートも当分ないと思われるので数年間は安心して使えます。

CPUは2.0GHzに650MHzのGPUがついたオクタコアです。

CPUのクロック数自体もそこそこ高いですが、グラフィック専用のメモリが付いているため、ゲーム系などで描画能力が必要な処理でも快適に動かせそうです。

メモリはRAMが4GB、ROMが32GBとなっています。

現状メモリ4GBの機種はほぼないため最高レベルと言って良さそうです。アプリを複数起動したりする人でも快適に使える環境が整っていてサクサク動かせます。

 

カメラ

カメラの画素数はメインカメラが1200万画素、サブカメラが500万画素となっています。

ここ最近に販売されたスマホの画質としては並かやや下といったところ。Zenfone3 Maxとほぼ同等、iPhone6s、iPhone6s Plusと同等の値です。

f値は1.7とやや小さめで、8倍デジタルズームが可能です。

光学ズームがないのは残念なところですが、単純な画素数よりは機能が充実している印象を受けます。

 

対応周波数

LTEの対応バンドはバンド1、3、19とよく使うものは完備しています。

3Gの対応バンドはバンド1、6、19とこれまたFOMAプラスエリアまで対応しているため、こちらも山間部でも問題なく使えそうです。

一方、バンド1に対応しているとはいえ、auのメインバンドであるバンド18には対応していない点には注意が必要です。

ドコモ系のSIMであれなバンドをフルに活かしきれるスマホです。

 

その他

Moto G5 PlusはDSDSに対応しているため、SIMカードが二枚させてどちらのSIMでも運用が出来ます。

片方はデータ通信用のSIM、片方はかけ放題のSIMと使い分ければ月々の料金も安く抑えられため、経済的にもメリットのある機能です。

シングルスタンバイ(DSSS)には対応している機種が多いですが、DSDS(デュアルスタンバイ)に対応している機種は少数です。DSDSがあるととても便利で、DSDSに対応していない機種は使う気がなくなるぐらいなのでオススメです。

もう一つの撥水コーティングは、水没に対応できるわけではないのでおまけ程度の機能と見ておいたほうが良さそうです。

 

まとめ

価格は3万円後半でギリギリミドルレンジのスマホの言えそうなMoto G5 Plus。少しばかり高いスマホです。

しかし、RAMは4GBを搭載しており同価格帯のスマホと比べると飛びぬけています。

スマホに何個もアプリが入っていてもっさりイライラしている方は、このスマホなら快適に使えるのでオススメです。

CPUもそこそこ使えるため、高い処理能力を要求されるゲームにも対応できます。

複数SIM運用でDSDSが使える使えないでは大きく手間が違うので、比較的ヘビーに使うユーザーに是非。

 

どこで購入できますか?

MVNO会社 一括(税抜) 分割(税抜) その他
BIGLOBE 月額1490円×24ヶ月
IIJmio 32800円 月額1380円×24ヶ月

オススメの格安スマホを紹介! のHOMEへ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 端末情報 ,