オススメの格安スマホを紹介!

スマホはもっと安くなる。格安スマホを比較してオススメをご紹介します。

*

格安スマホの10GBプランを比較!オススメはどれ?

      2016/11/26

(2016年11月26日更新)

スマホの10GBプラン以上のものについてまとめました。スマホでも動画などを見たいという人が使うプランです。

自宅であまりネットを使わない方はスマホ兼ルーターとしても使える通信容量なので、10GB以上のプランを契約してスマホと自宅の通信を一本化すると大きなコストダウンを見込めます。

スポンサーリンク

格安スマホの10GBプランを比較!オススメはどれ?

10GB

10GBプランの簡易比較表

会社 プラン名 月額料金(税抜) データ繰越 バースト・ターボ
SMSなし SMSあり 通話SIM
楽天モバイル 10GBプラン 月額2260円 月額2380円 月額2960円 ×
DMMmobile 10GBプラン 月額2190円 月額2340円 月額2890円
FREETEL 3GBプラン 月額2470円 月額2610円 月額3170円 × ×
IIJmio ファミリーシェアプラン(dプラン) 月額2560円 月額2700円 月額3260円
ファミリーシェアプラン(aプラン) 月額2560円 月額3260円
mineo 10GB(aプラン) 月額2520円 月額2520円 月額3130円
10GB(dプラン) 月額2520円 月額2640円 月額3220円
NifMo 10GBプラン 月額2800円 月額2950円 月額3500円
nuromobile 10GBプラン 月額2300円 月額2450円 月額3000円 × ×
OCNモバイルONE 10GB/月コース 月額2300円 月額2420円 月額3000円 ×

とても大雑把なまとめ方をすると下記のようになります。

 

楽天モバイル

logo_rakuten

楽天モバイルはどんな格安スマホ?

楽天モバイルは楽天が運営している格安スマホです。テレビCMも流しており、格安スマホの中では知名度が高いです。

強力な電話オプションの5分かけ放題プランを提供しています。ドコモのカケホーダイライトと同じ内容で月額850円と格安です。

料金も比較的安く、料金の一部がキャッシュバックされるキャンペーンは絶え間なく行なわれています。料金以上にオトクな格安スマホです。

スマホセットで購入できるスマホの種類が充実しており、恐らく格安スマホの中でも最も多いです。なかなか良いスマホにめぐり合えないという人は一度チェックしてみましょう。

 

格安スマホの10GBプランの料金は?

プラン名 データSIM データSIM(SMSあり) 通話SIM
10GBプラン 月額2260円 月額2380円 月額2960円

格安スマホの中でも料金がかなり安く、通話SIMでも3000円を切る料金が魅力です。

また、月額の利用料金の100円につき1ポイントが楽天スーパーポイントとして還元されます。

 

楽天モバイルはどんな人にオススメ?

料金はDMMmobileに次ぐ安さとなっており、月々のスマホ料金を安くしたいという人にオススメです。

通話面でも、5分以内の通話が無料になる「5分かけ放題」が強力です。10GBプランとかけ放題プランが使えるのは楽天モバイルだけなので、データ通信も電話もタップリ使うというヘビーユーザー向きの格安スマホです。

また、楽天市場との相乗効果が大きく、楽天市場を頻繁に使うという人にも向いています。

利用料の一部がポイント還元されるだけでなく、通話SIMであれば楽天市場でのポイントも+1倍されます。ショッピングは楽天カードで支払うことによって+1倍されるため、これだけでポイント還元が+2倍に!これからあがる消費税分が取り戻せる計算です。

回線速度が遅めという弱点はありますが、全体的に隙がなく、とりあえず格安スマホにしたいという人は思い切って楽天モバイルにしてしまうと良いでしょう。

楽天モバイルの公式サイトはこちら 楽天モバイル

 

DMMmobile

logo_dmm

DMMmobileはどんな格安スマホ?

DMMmobileは動画サービスや通販のDMMが運営している格安スマホです。

とにかく料金が安いことが魅力で、他社が料金を下げると追従して料金を下げることもしばしば。料金に対する圧倒的な自信が感じられます。

バースト機能やデータ繰越もしっかりあり、容量を無駄なく使うことができます。

 

DMMmobileの10GBプランの料金は?

プラン名 データSIM データSIM(SMSあり) 通話SIM
10GBプラン 月額2190円 月額2340円 月額2890円

10GBプランの料金は格安スマホの中でも最安値となっています。

通話SIMを使っても月額2900円を切っており、通話料金込みでも3000円超えない人が出てくるのではないでしょうか。

 

DMMmobileはどんな人にオススメ?

とにかく安い料金が強みです。料金が最重要と言う人にオススメの格安スマホです。

毎月の利用料金の10%がDMMポイントとして還元されるの、ただでさえ安い料金から数百円が浮きます。10%だとなかなか無視できない額です。

取扱スマホの種類もなかなか豊富なので、良いスマホがなくて悩んでいるという人にもよいでしょう。

回線速度は遅めという弱点があるため、混雑する時間帯は通信を控えるなどの対策は必要です。

DMMmobileの公式サイトはこちら DMMmobile

 

nuromobie

nuro

nuromobileはどんな格安スマホ?

nuromobileはソニーネットワークコミュニケーション株式会社が運営する格安スマホです。

プランが1GBごとに細かく分けられており、自分の使用量にピッタリのプランを選ぶことが出来ます。料金は1GB増量するごとに200円が増えていくというわかりやすくスマートな体系です。

スマホセットのプランもありますが、用意されている機種は少なめです。so-netから社名変更して間もないため、今後はスマホが拡充されることに期待しましょう。

 

nuromobileの10GBプランの料金は?

プラン名 データSIM データSIM(SMSあり) 通話SIM
10GBプラン 月額2300円 月額2450円 月額3000円

10GBプランの料金は格安スマホではかなり休めの料金設定です。

nuroはプラン全体で見ても安い格安スマホで、10GBプランでも月額3000円の格安で通話SIMが使えます。

 

nuromobileはどんな人にオススメ?

データ使用量が月によってばらつくという人にオススメです。

プラン変更の費用が無料なので、月々の使用量に応じてプランを細かく変更することで料金が安くなります。来月は出張なのでデータ容量は多めにほしい!などこまめに変えましょう。プラン変更は翌月1日から適用されるため、使用量を予測する必要がある点には注意が必要です。

全体的にはプランの料金も安めなので、月々の料金を安くしたい人にもオススメです。

nuromobileの公式サイトはこちら nuro mobile

 

NifMo

logo_nifmo21.jpg

NifMoはどんな格安スマホ?

NifMoはNiftyが運営する格安スマホです。知名度は抜群に高い会社です。

頻度は減りましたが、キャッシュバックキャンペーンが大きく1~2万円引かれることがある点が魅力です。大容量プランになるほどキャッシュバックの額が増えるため、契約は必ずキャッシュバック期間中にしましょう。

また独自サービスのNifMoバリュープログラムは使い方次第で信じられないほどお得になります。ネットショッピングやアプリ好きな人は絶対にチェックしておきましょう。

2016年11月末からNifMoがバースト機能に対応することがわかりました!これはプラスポイントですね。

 

NifMoの10GBプランの料金は?

プラン名 データSIM データSIM(SMSあり) 通話SIM
10GBプラン 月額2800円 月額2950円 月額3500円

10GBプランの料金は格安スマホのなかではかなり高めです。通話SIMは最安値の格安スマホと比べると600円以上高いため、純粋な料金では低容量プランほどうまみはありません。

 

NifMoのバリュープログラムって?

バリュープログラムとは、いつもの買い物やアプリダウンロードをバリュープログラムから買うことで、スマホの使用料金が値引きされるNifMo独自のサービスです。

高島屋や紀伊国屋、SEIYUといった店から、スマホゲームのダウンロードまでいろいろな買い物でスマホ料金が割引になります。

バリュープログラムのおかげで月額料金がタダという猛者もいるので、バリュープログラムを使いこなせるかどうかでNifMoのオススメ具合が大分違ってきます。

 

NifMoはどんな人にオススメ?

バリュープログラムでの割引がとても大きいため、ネットショッピングやゲーム好きにオススメです。

契約する場合は端末とセットで購入することで毎月200円割引の「機器セット割」が受けられるため、できればスマホとセットで購入しましょう。

光回線やADSLでNiftyの接続サービスを使っていると月額料金が200円割引になります。niftyユーザーかつスマホセットが適用できれば月額400円割引となるのは大きいです。

NifMoは大容量プランになると月々料金はかなり高めでコスパが悪いため、10GBプランではバリュープログラムやキャッシュバック、各種割引が十分に活用できる人だけにオススメします。

NifMoの公式サイトはこちら NifMo

 

FREETEL

freetel_ec

FREETELはどんな格安スマホ?

FREETELはプラスワン・マーケティングが運営する格安スマホ会社です。MVNOだけでなく、スマホ本体の製造も行なっています。

他の格安スマホと大きく異なる点は従量課金制を採用している点です。使った分だけ支払いが発生します。使いすぎには注意が必要です。

※定額プランも用意されています

 

FREETELの10GBプランの料金は?

プラン名 データSIM データSIM(SMSあり) 通話SIM
10GBプラン 月額2470円 月額2610円 月額3170円

FREETELの10GBプランは格安スマホでは平均的な料金となっています。

 

FREETELはどんな人にオススメ?

従量課金制のため月々のデータ使用量にバラつきがある人がオススメです。面倒なプラン変更無しにスマホを運用することが出来ます。

FREETELは月の通信制限がとても緩く20GB以上の利用で適用されます。10GBプランを契約しても制限でカツカツという超ヘビーユーザーに向いています。

逆に使いすぎが心配な人は定額プランを使うと良いでしょう。こちらではデータ容量繰り越しが出来るメリットがあります。

FREETELの公式サイトはこちら FREETEL

 

IIJmio

IIJ

IIJmioはどんな格安スマホ?

IIJmioはプロバイダの株式会社インターネットイニシアティブ運営する格安スマホです。格安スマホでは古参でMVNEとして回線の調整なども行なっています。他の格安スマホが快適に使えるのもIIJmioの影響があるかも。

格安スマホのなかでは通信速度が安定しており、ドコモ系ながら速度がかなり早いこと特徴です。

機能面でも充実しており、低容量に嬉しいバースト機能を最初に搭載したのはIIJmioです。無駄なく容量を使えるのも嬉しいポイントです。

最近では「誰とでも5分」というオプションも登場しており、オプションも充実しています。

 

IIJmioの10GBプランの料金は?

プラン名 データSIM データSIM(SMSあり) 通話SIM
ファミリーシェアプラン(dプラン) 月額2560円 月額2700円 月額3260円
ファミリーシェアプラン(aプラン) 月額2560円 月額3260円

料金は格安スマホでは気持ち高めの料金です。

IIJmioはファミリーシェアプランの名前の通り家族でのシェアを前提としているプランなので、SIMを10枚までシェア(通話SIM上限5枚)することができます。

 

IIJmioはどんな人にオススメ?

サクサクとインターネットを楽しみたい人に向いています。IIJmioの回線速度は格安スマホの中ではとても早く、10GBという大容量を快適に使いたいならオススメです。

また、IIJmioは家族で格安スマホを使いたいという人にも向いています。最大10枚までSIMをシェアできるのはIIJmioだけです。大家族の家庭なら自動的にIIJmioに決定です。一方、1人で使うプランとしては3日間制限が366MBととても少なく設定されており、あまり向いていません。

IIJmioにはバースト機能や、高速データ通信のスイッチという便利な機能がありますが、大容量プランではそこまで重視されません。やはり速度が第一の格安スマホです。

IIJmioの公式サイトはこちら IIJmio

 

mineo

mineo_ec

mineoはどんな格安スマホ?

mineoはケイ・オプティコムが運営する格安スマホです。

au回線とドコモ回線のプランのどちらかを選択することができる格安スマホで、これができるのは現在のところmineoとIIJmioだけです。

余ったデータ容量を家族でシェアできるパケットシェアや、他ユーザーとデータ容量を貸し借りできるフリータンクなど、他の格安スマホとは一線を画する、面白いサービスが多いのが特徴です。

 

mineoの10GBプランの料金は?

プラン名 シングルタイプ シングルタイプ(SMSあり) デュアルタイプ
10GB(Aプラン) 月額2520円 月額2520円 月額3260円
10GB(Dプラン) 月額2520円 月額2640円 月額3220円

料金はaプランとdプランで異なります。10GBの格安スマホの中ではやや高めの料金設定です。

mineoは独自のプラン名を採用しており、データSIMがシングルタイプ、通話SIMがデュアルタイプと呼ばれています。

au回線を用いるタイプがAプラン、ドコモ回線を用いるプランがDプランになっているため、契約を間違いないように注意しましょう。

 

mineoはどんな人にオススメ?

au回線が使える格安スマホはまだ多くないため、auからMNPする人は検討しておきましょう。

複数回線割や家族割といった割引を活用すると、安く運用できる格安スマホです。シェアプランでは通信容量が足りないので、1人一つ回線を契約しているという家族は、mineoに乗り換えることでリーズナブルにスマホを使えます。

mineoの公式サイトはこちら mineo

 

OCNモバイル

xC3L7JIHINskGs-oQ6SeXzQgJg8M1bOt7W2H3wKiH39psOSyCaN_bF-yHVl4_8HuPbf7=w300

OCNモバイルONEはどんな格安スマホ?

OCNモバイルONEはNTTコミュニケーションズが運営する格安スマホです。NTTコミュニケーションのプロバイダは皆さん御存知のOCNです。

格安スマホでは最も多いシェアを持っており、多くの人が利用しています。

Wi-Fiスポットが充実しており公衆無線LANを無料で使うことが出来るため、外出が多い人はデータ容量をグッと節約できます。

 

OCNモバイルONEの10GBプランの料金は?

プラン名 データSIM データSIM(SMSあり) 通話SIM
10GB/月コース 月額2300円 月額2420円 月額3000円

10GBプランの料金は他の格安スマホと比べると安めです。

容量シェアが出来る格安スマホで最大5枚のカードが共有できます。10GBを契約して家族で使うと、家族全員でキャリア入るより圧倒的に安くなります。

 

OCNモバイルONEはどんな人にオススメ?

家族がライトユーザーの場合は、1枚のSIMカードをシェアすることで料金を一気に下げることができるため、家族で格安スマホにしたいという人にオススメです。

3日間の速度制限もないため、シェアしても1人で使ってもOK。大容量プランほど快適に使えます。

OCNモバイルONEの公式サイトはこちら OCN モバイル ONE

オススメの格安スマホを紹介! のHOMEへ戻る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - プラン比較 , , , , , , ,